テクニックをあげるサッカー上達法

テクニックを磨くこともサッカーの上達法ですが、すべてを手本通りにする必要はありません。
サッカー上達法で磨くテクニックというのは、実戦で使えるテクニックなのです。
それがたとえ見た目は下手であっても、実際の試合で十分な力を発揮できれば、
それこそがテクニックであるといえるのではないでしょうか。

サッカー上達法でも実戦を学ぶ、基礎を固めるなどさまざまですが、すべてが合わさって
テクニックとなっていくのではないでしょうか。
サッカーでは、自分が試合中にどれだけ動けているかというのが重要です。

無駄なコートの往復はいりませんが、きちんとチームプレーや得点につながっているのであれば、
それもひとつのテクニックといえます。
止まっている暇などはなく、常に動いて頭は冷静であることがサッカーの試合であり、
テクニックを見せびらかすことではありません。

サッカー上達法で学んだテクニックはパフォーマンスではなく、大切なプレーのひとつで、
かっこいいのがサッカーでもないので、本当に試合中かっこよくみえるプレーヤーは
チームに貢献したプレーをしているからこそ、テクニックが輝いているのです。

このことを分かっていなければ、サッカー上達法で得られた本当のテクニックとは
言えないのではないのでしょうか。
かっこいい、上手は考えないサッカー上達法こそ、知らないうちにかっこいいテクニックが
生み出されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です